ロゴ
TOP 研究概要 研究組織 活動報告 資料 GISCDB CSIS

 < 研究概要(目的) >

平成19年度の研究実施計画

1.情報科学カリキュラムの最終案の策定

 昨年度に策定した地理情報科学カリキュラム案を精緻化し、シラバス案とカリキュラム最終案を策定する。


2.地理情報工学カリキュラムの最終案の策定

 昨年度に策定した地理情報工学カリキュラム案を精緻化し、シラバス案とカリキュラム最終案を策定する。


3.地理情報科学・工学カリキュラムの構造化

 地理情報科学カリキュラム項目と地理情報工学カリキュラム項目の相互関係を明示化し、構造化する。


4.地理情報科学・工学カリキュラムの策定

 地理情報科学シラバス案とカリキュラム最終案策定の過程においてコメントを行う。


5.国内外の大学や民間におけるカリキュラム、シラバス、教科書、講習会の情報提供法

 地理系、情報系、工学系の大学や民間で実際に行われている実例を調査、整理、評価し、有用な情報を提供する仕組みを作る。


6.国内外の標準的地理情報科学・工学関連の教科書項目と地理情報科学・工学カリキュラム項目の対応情報提供法

 地理情報科学・工学カリキュラム項目と既存国内外の標準的地理情報科学・工学関連の教科書で扱われている項目との対応を整理し、教育に資する情報提供の仕組みを作る。


7.国内外の地理情報科学・工学関連のコンテンツをウェブで提供している研究者の組織化

 地理情報科学・工学関連の講義内容をウェブで提供している、また提供を考慮している研究者を調査し、持続的に情報を交換できる人的ネットワークの構築を行う。


8.GIS技術資格と地理情報科学・工学カリキュラムを連携させる方法を開発する。

9.オンライン教育の具体的事例を開発する。

10. 上記研究成果を公開する地理情報科学・工学ウェブライブラリーシステムの開発を行う。

11. 当研究の成果を広く公表するシンポジウムを行う。

 → 第5回ワークショップ(開催予定日:2008年3月11日)
 
Copyright © 2005 CSIS  All rights reserved.
E-MAIL : curr @ csis.u-tokyo.ac.jp
バナー ログ